検索
  • イトウ ヤスフミ

遠くへ。


幼い頃、すごく遠くへ行った。

車の窓にくっついて流れる景色はすごく新鮮で、見逃さぬように必死で目で追いかけてたワクワク。

それは、車で15分の長旅。

時間がゆっくり流れてた気がした。

あの感覚、最近感じた事あったかな…?

小学の時、友達とすごく遠くへ行った。

バスを待つドキドキ時間。乗車する緊張感、バスの匂い、エンジンの音僕らは間違いなく旅へ出てた。

それは、バスで30分の長旅。

どこもかしこもにぎわっていた昭和の香り。

あの感覚、最近感じた事あったかな…?

高校で生まれて初めて家を離れた。

これから住む自分の部屋を何回も見回したっけ。

その日の夜はなかなか寝つけなくて、グッと胸が締め付けられたのを憶えてる。

携帯電話なんか無い時代。

いろんな色、いろんなサイズの靴が押し込められた靴棚のある玄関に1台の公衆電話、鳴る度に人の気配が嬉しくて安心した。

遠く両親に見守られながら、間違いなく旅へ出てた。

それは、電車で1時間の長旅。

周りには常に友達がいてくれた、何度助けられたかわからない。

あの感覚、最近感じた事あったかな…?

卒後、故郷を離れて上京した。

新幹線という速さには僕の目はもう追いつくことはなく、一歩踏み出したその場所は、昭和の香りの影すら残っていなかった。

ずいぶん遠いところまできた。

ここでなにができる?これからどんな生活が始まるんだ?

それは、新幹線で4時間30分の長旅。

4年後、僕は自分を見失いかけ、周りがみえなくなり、ボロボロになって帰郷した。

毎日の生活に疲れてまでは生きたくなかった、生きれなかった。

自分のライフスタイルというものをなんとか見つけ出したかった。

白旗を降ったものの、おかげで故郷の良さを改めて知ることができた気がする。

やはりここは落ち着く、素直な自分がいる、ありのまんまの自分がいる。

以前、この地にいたことを思い出したかのように、この場所はすんなりと僕を受け入れてくれた。

2002年。

少しポカポカし始めたその場所に、ほんのりと懐かしい風が吹いた。

それは、23年間の長旅だった。

#平和 #旅

0回の閲覧
  • ペグワークスのフェイスブック
  • ペグワークスのインスタグラム

facebook

Instagram

クリエイティブ ペグ ワークス

〒010-0113 秋田県秋田市金足浦山字金ヶ崎97-3

TEL : 090-5835-7398

E-mail : hibinani@gmail.com

 

© 2020 Creative Peg Works. All right reserved.​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​